*HOME*
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
にほんブログ村 犬ブログ デカプーへ
いつもワンポチありがとうございます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告|  
ドヨヨ~ン・・・
今日もカメブログにお越し下さってありがとうございます。

今日は、ワンコブログと全く関係ない話題でございます・・・


先日、よく行く近所のスーパーに買い物に行きました。

冷凍食品売り場のあたりで、何やらモゾモゾと背後から気配が・・・

そしたら、私の横からヌヌヌーーーっとひとりのオバちゃんが現れました。

オバちゃん:「あ、あの~・・・・ 300円、貸して下さい。」
(↑ドヨヨ~ンなオーラ全開 

へ?・・・

私、あっけにとられました。

そのオバちゃんが、ちょっと知り合いに似てたもんだから、思考回路もちょっとヘンな方向へ働いて・・・

どうしようかな。貸してあげようかな。という気分になってしまいました。

が!、そこでハッとして、

私:「いえ・・・ちょっと知らない方ですから、お貸しできません。」

と、当たり前の返事をすることができました。

しかしなあ。。。300円という金額がビミョーなわけですよ。
なんとなく、貸してあげちゃおうかな…という気分にさせる金額だし・・・。

でも、それは絶対に返ってくるはずのないお金でしょうし・・・。

そのオバちゃん、見た目に全然フツーの人なんですよ。
汚げでもないし、危険人物風でもないし・・・。

なのに、ナゼ・・・???

私、昔から、何だかこういう感じでよく声をかけられるタイプなんですが
(街頭で、おでこに手を当てられて何か唱えられたり・・・
大きなカゴしょった人に漬け物売りつけられたり・・・

いきなり「300円貸して下さい。」とオネダリしてきた人は、人生初のタイプでした。

その後、そのオバちゃんはフラフラヨロヨロ歩いていきました。

なんだかその後ろ姿が哀愁漂っていて切なかった・・・
スポンサーサイト
 
にほんブログ村 犬ブログ デカプーへ
いつもワンポチありがとうございます。
2011/12/05(月) 18:27:31| できごと|  

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。